石尾 潤

2016年4月にNPO法人スポーツカントリーアンビスタを創設し、代表理事に就任。
2017年6月より『生涯にわたる文武両道を実現する新型施設』アンビスタハウスをオープンし、鏡張りスタジオ及びフリースペースの運営も行っています。
パラレルキャリアでIT教育企業で採用担当、ヘルスケア事業の営業マネージャー、就労支援施設での講師、JTB公認ファシリテーターなど、複数のお仕事をさせて頂いております。

記事一覧(33)

【2/25sun12:00】カラダスケッチWS 中西晶大【AmbistaPickUp研究者vol.3】

■■Ambista Pick Up 研究者 WS vol.3■■カラダスケッチ・ワークショップ舞踏家《中西晶大》による、カラダとコミュニケーションを大切にした運動ワーク、カラダスケッチ!!!!Ambista House Directorの Chihiro Nakajo です。またしても「なんのこっちゃ??」なWSを企画してしまいました。後述のWS内容を読んでも「なんのこっちゃ??」だと思います(笑)けれど、とにかく、彼に会いに来てほしい。WS内容の前に、講師プロフィールを載せますね。■講師プロフィール■中西晶大(なかにしまさひろ)《演出、脚本、振付け、デッサンモデル、WSのコーディネートなど》1980年、寿司屋の末っ子として生まれる。21歳、インドを旅した時に入った映画館でカルチャーショックをうけ、俳優を目指す。帰国後、映画・TVCM・雑誌・ラジオ・舞台などで活躍するが、自己の表現はこれじゃない!とやみくもに踊り始める。27歳、独学で舞踏を始める。独学が限界に達した29歳の晩秋、石井満隆に師事。2012年、自分は自力でどこまで生きられるのか?と疑問に思い、電気・水道・ガス無しのテント生活を始める。テントが潰れたので、自力で小屋を建て、再出発。現在は、子育てを通じて踊るたのしさを再考している。・・・というわけで、何からつっこんだらよいかわからないんですが・・・■WS内容■カラダリセットから始まり、オシャベリマッサージ、カルクアルク、ギオンダンスなどの「カラダスケッチ」を通じて、これまで気づかなかった自分のカラダを発見し、そのカラダを使って、オドリを踊りたいと思います。そしてワークショップの最後に《カラダスケッチ発表会》を行い、皆のカラダを鑑賞しましょう。・・・といったわけで、依然として「なんのこっちゃ??」だと思いますが、彼の思考を借りながら自分のカラダを再発見する、と聞いただけで、ぞくぞくしませんか?私はしています、とても。一緒にぞくぞくしにきてください。ちなみに、見学やクロッキーだけの参加も可能です。■参加対象者■・自分のカラダに興味のある人・ダンス、絵画、造形、詩などの表現に興味のある人・休職中でヒマな人・カラダが疲れている人(見学やクロッキーだけの参加も可)■料金■社会人2000円専業主婦夫1500円学生 1000円※見学・クロッキーも参加も同料金※現金のみ当日お支払い■持物■・動きやすく、汚れても良い服・筆記用具・クロッキーなどで参加される方は、 自分の作業ができる道具■予約■予約は不要ですが、おおよその人数把握のため、Facebookアカウントをお持ちでしたら、下記リンク先のイベントページにて、「参加ボタン」を押していただけますと助かります。https://www.facebook.com/events/1755403117844506/■時間・場所■11:45開場、12:00開始、15:00終了予定。当ビル3F黄色い扉がスタジオです。更衣室はスタジオ内にございます。◼️Ambista Pick Up 研究者 WSシリーズとは◼️好きことを追求し、試行錯誤し続けるアーティストたち。その姿はもはや研究者。彼らが、突き詰めて考える過程で生まれた思想、偏愛を世に共有するWSシリーズです。すべからくマニアックなテーマ設定になりますが、むしろジャンルを越えて普遍的なテーマでもあります。また、年齢や経験も関係なく参加できるテーマ設定にこだわっています。ぜひ、研究者の頭の中を覗いてください。過去のシリーズvol.1【Azuki-Metal】創造工学/即興工学https://www.facebook.com/events/1943535875672885/vol.2【激団波兵】即興宇宙の探求https://www.facebook.com/events/151186848843410/■お問合せ■Ambista House運営 Chihiro Nakajo にメッセージ、もしくは、info@ambista.org にメールをお願いします。

【2/9Fri】生音で踊る幸せのセッションvol.2

【2/4Sun】初心者向けWSあり♪コンタクトインプロヴィゼーション

■WSの対象とテーマ・初心者向け・コンタクト・インプロビゼーション(CI)の醍醐味を感じるための「コツ」や「技術」に触れる■初めての方へCIは、身体を触れあわせながら躍るダンス。振付はなく、自由に即興で躍るダンスなので、経験や運動能力に関係なく誰でも楽しめます。また、人と触れ合い動くことによるリラックス効果も魅力のひとつです。だから、いきなりJAMに飛び込んでも、きっと楽しい・・・けれど、CI大好きな小林は、ぜひCIの醍醐味である、"ただ触れあっているだけでは生まれない動きや感覚”を、皆さんと一緒に、より一層楽しみたい!より心地よく、よりダイナミックにCIを楽しみたい!という想いがあふれ・・・本WSでは、初心者の方向けに、丁寧に身体と向き合う時間をとりながら、CIをより楽しむ「コツ」や「技術」をともに学ぶ場を作りたいと思い、企画をいたしました。一緒に楽しみましょう♪■CI経験者の方へワークの内容は初心者向けのものですが、皆さまにとっても、CIにおいて大切なものを再確認できるような時間になればと思っています。■スケジュール2月4日(日)10:45開場11:00~12:15 からだほぐし+導入WS12:15~12:30 JAMパート112:30~14:15 コンタクトWS14:15~15:00 JAMパート2いきなりJAMをやってもよくわからないし、かといってJAMに入ったことがない中でWSに長時間費やしても、ポイントをつかめずじまい・・・そんな、初めてアルアルを解消すべく、上記のようなタイムスケジュールにしてみました。初めての方、このチャンスにぜひ飛び込んでみてください!■料金2000円(現金のみ)■持ち物動きやすい服装■予約予約は不要ですが、おおよその人数把握のため、Facebookアカウントをお持ちでしたら、下記リンク先のイベントページで「参加ボタン」を押していただけたらと思います。https://www.facebook.com/events/399316707149075/■リーダー紹介小林翔太1989年 京都生まれ。 2017年1月よりコンタクト・インプロビゼーションを始める。野口体操などの身体系WSが好物。コメント「できるだけ一人一人のからだと向き合いながら、丁寧な時間をと思っています。興味がある方、一緒に楽しみましょう!」■お問合せinfo@ambista.org にご連絡ください。

【レポート】 諸君、狂いたまえ!長時間インプロのその先に...vol.1

こんにちは。スタジオディレクター Chihiro Nakajo です。本イベントについて、レポートその2です。さて、5時間、この演者たちと、この空間に閉じ込められ(笑)、何をどうしようかしら。一人で好き勝手やるパフォーマンスではなく、ここにいる人たちの中に生かされている一人として、全体の中の一部として、どんな風に加わっていこうかしら。(という心持ちで臨むもよし、他の目的で参加するももちろんよし、ですが、この日の私個人のテーマはそんなことでしたので、以下、いつもどおり個人的な感想書いていきます...)それにしても、パフォーマンスの発想を得られそうなものが尽きない空間。だったら、延々と何かできるんじゃない?と思ったりもする。でも、それで何がしたいんだっけ?何を期待してその行為をするんだっけ?ちょっと立ち止まる。全体を観察してみる。立ち止まって観察していると、なんとなく、自分は何もしていないような気分になり、苦しくなってくる。早く渦の中に飛び込んでしまいたくなる。でも、苦しいな...と思いながらも、次のアクションを大切にしたいから、ぐっとこらえて観察。何を足したいのか決めたら、飛び込んで、あとはしばらく、没頭。でも、没頭しながら、全体の様子を観察。こんどは引き算を考えてみたり。カオス版one for all, all for one的な?ちがうか。さて、1/20(土)夜の、本イベントvol.2は、何をテーマにしようかな~(笑)イベントページこちらhttp://www.ambista-house.space/posts/3348231?categoryIds=906532本件、レポートその3も書きます。みんなの感想編です。ぜひ見てみてくださいね。

【レポート】 諸君、狂いたまえ!長時間インプロのその先に...vol.1